FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーベル賞

さきごろ北里大学の大村智教授がノーベル医学・生理学賞を受賞することが決定しました。
大村先生が放線菌から見つけ、たいへん多くの命を救うことになるエバーメクチンという化合物は実は私たちもたいへんお世話になっています。
それはフィラリア症から私たちの犬や猫を守ってくれる予防薬です。
この化合物がイベルメクチンというお薬になりました。

ivomec.jpg

昔、フィラリア症を予防するには、ジエチルカルバマジンというお薬を毎日飲ませてあげなければなりませんでした。
毎年 何ヶ月もの間、毎日投薬しなければいけなかったのを、1カ月に1回飲ませるだけにしてくれたのがイベルメクチン(商品名カルドメック メルク社)です。今でさえ、1ヶ月に1回、あるいは製剤によってはそれ以上というのもあたりまえのことになりましたが、もう20年ほど前になるでしょうかこの薬の登場は当時まさに画期的な出来事でした。

何ヶ月もの間、毎日飲ませるのがとてもたいへんなために中途半端にしか予防できなかったワンちゃんも多かったのですが月1回飲ませればよくなったこともあり、多くの飼い主さんに完全に予防していただけるようになりました。

その後、ワンちゃんが食べてくれるようなチュアブルタイプが開発されたり、メルク社の特許が切れたことにより、他のいろいろな製薬会社がジェネリック製品を生産したり投与タイプを変化させたり、イベルメクチンの分子構造を変化させたモキシデクチンやパナメクチンが開発されることによって、フィラリア症のみならず消化管線虫やノミ、ダニまで駆除してくれる製品を使えるようになったりしながら現在に至ります。

大村先生が見つけてくれたエバーメクチンによって、私たちへの恩恵ははかり知れませんね。
スポンサーサイト

お知らせ

1月15日(木)
獣医師会の行事のため、午後の診療を18時で終了させていただきます。
午前中は通常通り診療いたします。
ご迷惑をおかけしますが、どうかよろしくお願い致します。

処方食・療法食の宅配料金変更のお知らせ(10月1日 ~ )

近頃の宅配業務の経費増加により、処方食の飼い主様あて送料を10月1日発送分から値上げするとの通知がありました。

飼い主様あての送料無料条件が厳しくなってしまいますが、従来からご利用されていた飼い主様宅あてには従来通りの無料条件で対応いたします。
これに伴って、翌日着宅配のご注文締め切り時間が少し早くなりますので、お早目のご注文連絡をお願いします。

10月1日以降、新たに宅配をご希望の方にも飼い主様にとってできるだけ有利になるような発送方法を考えますのでご相談下さい。

今回の変更は飼い主様宅あて宅配無料条件の変更だけで、病院渡しの金額には変更ありません。

赤ちゃん誕生ニュース

先日、ワンちゃんが子犬を出産しました。
preg.jpg
おかあさんのおなかが巨大でわかりにくいですが、なんと12匹もの胎児がいます。まるでヤギのようなお腹でもうはちきれてしまいそう・・・

お母さん犬は、明け方から陣痛が始まり、夕方までかかって12頭もの子犬をすべて無事出産してくれました。
おめでとうございます! そしてお疲れさまでした。

これから子犬たちはどんどん大きくなっていって、母乳もどんどん大量に飲まれるので、お母さんはどんどん母乳を作っていかなければなりません。
たいへんだけど、がんばってね!!

集合注射終了!

公園等で実施する本年度の狂犬病予防集合注射は今日で終わりました。
今年はさほどの荒天にも遭わずに無事集合注射事業を終了することができました。
事故もなく順調に終了できたのもひとえに飼い主の皆様方のご協力の賜と感謝しております。

1.jpg

上の写真は、すでにワンちゃんを連れた方々にお待ちいただいているので、できれば定時前に開始しようと保健所・区役所の職員の方々と共に準備を進めているところです。

本年度の狂犬病予防注射未接種のワンちゃんは、保健所から届いているハガキを持参して動物病院にお連れ下さい。
未登録のワンちゃんの登録も動物病院で手続きできます。
プロフィール

院長 黒須 幸雄

Author:院長 黒須 幸雄
日々の診療の中で苦労した症例や飼い主様に知っていただきたい病気のこと、病院の出来事、診療とは関係ないお気楽なことなど拙い文章で申し訳けありませんがエッセイ風に書いてみました。

まだまだ少ないですが、ゆっくり増やしていこうと思います。

ご訪問者数
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
オンラインカウンタ
現在の閲覧者数:
-- Comment --
東京都江戸川区下篠崎町17-9 /東京都江戸川区下篠崎町にある動物病院「クロス動物病院」は、江戸川区の篠崎・瑞江・江戸川・鹿骨・小岩を中心に犬・猫・小鳥・ ハムスター・等の診療。ペットホテル。 江戸川区の動物病院ならクロス動物病院へ

Copyright(c) クロス動物病院 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。